体のことを、足から考える。

靴は体の一部

私たちは「靴は体の一部」である、と考えています。
体に合わない靴は、足の痛みから腰の痛み、そして全身の不調までを引き起こすことがあるからです。
Viel Huldが目指すのは、履く人の体にまで馴染む靴。
家を出てから、帰ってくるまで1日をともに過ごす靴だから。
機能、設計、素材のすべてにこだわり、足にストレスを感じさせない形を追求しています。
👠
👠